個性が強い

個性の強い人はたくさんいるが、会社の社長は、個性が強い人が多い傾向がある。
取引会社に向かい、その会社のビルの真ん前のパーキングメーターのある駐車場に、“ベンツのAMG”と書いて、“アーマーゲー”と日本では呼ぶ車が、目に留まるように停まっていた。この車を見て、当然取引会社の社長の所有であることは、すぐにわかった。会社フロアに到着し、社長に会った。いつもながらにこやかに迎えてくれた。「アーマーゲー買いました?」と聞けば「わかっちゃいました?」と嬉しそうに答え、待ってましたと言わんばかりの満面の笑みだ。この会話の構図の中の必要な登場人物の1人が私だ。「娘が2人いるでしょ。前の車は、上の娘の誕生日のナンバープレートで、今度は下の娘ですわ!」と嬉しそうにハッハッハッと笑う。褒められると、謙遜する人もいるが、褒めると喜びながら、それを認めどんどんその良さをさらけ出してくる人だ。以前からこんな感じで、面白く陽気で楽しい人だ。

夕食時の会話の中で、「最近ヨット買いましてね。」「凄いじゃあないですか!」と言えば、「実はこの前恥ずかしい思いをしましてね。船の就航式みたいなもんがありましてね。幼稚園の娘が友達をヨットに誘ったんですわ。そ-したら、そりゃあもう大勢来ちゃいましてね。30人くらい。みんなヨットに乗せて、記念撮影して、後で写真見たらもう難民船でしたわー。ヨットとは言いましたけど、難民船ですわ。娘の友達のお母さん方も見るでしょ。もうホント2度といやですわ。」とハッハッハッと笑う。

ユニークだけではなく、とびきりのうんちくとこだわりを言わせたら、右に出るものはいないくらいの語り手でもある。出てきた料理にも、ひとつひとつにうんちくというスパイスを料理に匠にかけていくのだ。例えば、魚料理のうんちくを聞いていると、その魚料理はもともと美味しい料理だが、そこに独特のうんちくというスパイスがかかると、さらに料理がグレードアップしてさらに美味しく感じるのだ。その他、書類バッグの場合、革の作り方や工程や縫製などを、さまざまな角度から練り込んだスパイスを加えて、書類バッグの話を聞いていると、その書類バッグが貴重で、素敵に思えてくるから不思議だ。巧みな話術と人を楽しませる強い個性を持っている華やかな人だ。

また、他にも個性の強い人はいる。
ある会社の社長は、外観から見える風貌と雰囲気からは、真面目とは逆の人のように見えるが、どこまでもどこまでも真面目で真剣な人だ。そのギャップはかなり大きい。ある機械を販売前に検査機関に出して、検証して数々のデーターが実際にあっても、夜通し徹夜で何日も、その機械の検証を納得いくまで、実際に自分で検証する姿勢は、ただただ感心する。真剣がゆえに、周りも引き込まれてしまう。その社長は北海道での販売先が決まっていた。その販売先に、商品説明をする前に、もう1度機械の検証を一緒にして、商品説明をしてほしいという依頼を受けた。ということは?北海道まで行くということだ。この日は、パートナーのさぶと一緒だ。その日の北海道は、雪が降っていた。札幌から2時間以上電車に乗り換えの移動をこなし、現地に着いたら、もう雪は大雪に変わっていた。すぐに検証作業がはじまり、夕飯はコンビニで適当に各自済ませ、すでに時刻AM3を過ぎていた。それでもまだ検証が足りないという。結局AM5頃まで永遠検証は続けられた。もうふらふらだ!検証が終わり、翌日も依頼通りの仕事をした。この社長は、その真面目さと真剣さのパワーが強烈な個性なのだ。実際に深い真剣な真面目さに触れて痛感した。

北海道から帰る時、札幌といったら北海道といったら蟹だ!ラーメンだ!蟹とラーメンを求めて、札幌駅に隣接しているラーメン横丁に寄って、ラーメンの品定めがはじまった。焦がし醤油味にも惹かれたが、もうすでに頭に描かれた蟹ラーメンの空想を破ることは出来ない。蟹ラーメンを見つけた!濃厚味噌味でコーンがたっぷり、バターも添えてあるラーメンを食べて、そのまま濃厚なお口で空港へ。お土産に、六花亭のマルセイユバターサンドを買って帰った。六花亭のマルセイユバターサンドは、以前食べたことがあるが、何度食べても美味しい。すでに病み付きだ!

人が存在するだけ多彩な個性があり、自分らしさの表現のエネルギー量のバランスを取りながら、個性同志が共鳴していけたらと思います。

ここまで、読んでいただきまして、ありがとうございます。