中国(鄭州)出張。急坂レベルMAX!②

えっ?ここは何?どこ?ここが本社?ホームページで見た建物とは大違いだ!ここが支社?ここまで来てしまった以上一応、その老朽化したビルに入って、指定された5階に階段で登った。エレベーターは存在していないのだ。そこで待ち受けていたのは、大学の先生の個室風の部屋と社長?らしき人と、男性2名と、昨日の男性2名だ。

代理店さんが「ここは?支社じゃあないですね。」と聞けば、「ここは、経理の分室」だという。社長ではないその人は、経理の長だと紹介を受けた。一応、日本から持参したお土産をその長という人に手渡した。その後の発言は、驚きの連続だった。「これは、何ですか?」といいながら、箱の包みをビリビリに破っていた。「日本の伝統のお菓子です。」というと、「お酒じゃあないのか。タバコの方が良かった。なんでタバコじゃあないんだ!」と声を荒げて言うではないか。「日本のタバコ持ってないですか?セブンスターは持ってないのか?」そして、「実は、日本のお金のコレクションをしているが、硬貨と1.000円札まであるが、10.000円札がないから、10.000円札を数枚貰えないか」と、通訳の方を通して聞いた時は、うすうすの予感はあったが、まさかの坂が待っていたと頭の中は、急坂が放射線状でいっぱいになった。

それでも代理店さんは、商品の話をするが、帰ってきた言葉は、「今から、指定の場所で絵を買って、経理の長に渡すことをしないと、製品は買えないし、それは中国の仕事の常識」だという。経理の長?よく聞けば、経理の長を支える経理を担う重要な人らしい。急坂レベルMAXだ!一応、通訳さんに「そんなもの?」と聞いてみた。「それは中国ではよくあること」らしい。その後、紙コップに緑茶のティーパックを入れたお茶が用意された。通訳さんは「これは飲んではダメです。お腹壊しますから」と言うではないか。もう、急坂レベルMAX振り切れの状態だ。

「今すぐに絵を買ってください。案内します。」というではないか。代理店さんは買う意志がある様子だったことから、さぶが「○○さん。やめましょう。」と止めたが、聞かない。そして、「会社の経費ですか?」と聞くと、「たぶん経費は出ないので、自腹です。」「これは商談ではないよ。やめなさい!」とさぶ。それでも、絵を買いに行くと聞かないのだ。結局行動を共にし、一緒に絵を見に行き、代理店さんは高い絵を勧められて買ってしまった。どれだけでも止めたが聞かない。その絵は、一応リトグラフだったが、エディションもないものだった。その価値から、代理店さんの払った金額は見合うことはないのだ。その後の絵の行き来と成り行きは予測がつくことだ。絵を経理の長に渡すと、「経理はこれで大丈夫だ」という。「明日の夕方社長に会ってください。ホテルに担当者が迎えに行きます。」という。その後、ホテルに戻った。

ホテルに戻り、ティーラウンジで長い時間話していた。代理店さんは、どうしてもこの仕事を成功させたい。成功させなければならない事情があるという。

時刻はPM2だ。代理店さんが「街を散策しましょう。屋台がでているところがあるそうですよ。」ということで、皆スーツから着替えて、街の散策に行くことにした。代理店さんの誘導に従って、街歩きだ。横断歩道の信号が変わるのを待ち、青信号になったから渡ろうとしたら、車が横切りなかなか渡れない。現地の人の様子は、車も譲らないし、歩行者もすごい数の自転車も譲らない。車も歩行者も進行しているのだ。コツがあるのだろう。そんな気がした。ふと気づくと現地の人が私たちを凝視している様子に気づいたので、通訳さんに聞いてみると。「スカートの人珍しいから、目立っちゃって。」そういうことか。全く気づかなかった。周りを見渡すと、誰一人スカートをはいた人は見当たらなかった。雑談をしながら歩きはじめてから、もうすでに1時間以上は経過していた。「もう歩けない。もう帰りたいし、嫌だ!になってきた!」と音をあげてしまった。「もう少しだから」と声をかけられながらまた歩く。「歩いた分、戻らなきゃあいけないんだよ。」と言いながら、それでも歩く。その様子を横で見ていた代理店さんは、「○○さんて、仕事の時はきりっとしてるから、もっとクールな人かと思ってました。本当は、すごい可愛い人なんですね。」と。通訳さんも「おいくつですか?僕は○才ですけど、僕より下ですよね?」と。「いいえ。通訳さんよりほんの少しだけ上ですよ。」というと。「僕より下に思いました。可愛い。」と交互に褒めてはちぎって。ちぎっては投げてくるではないか。なんと心地がいいんでしょう。と思いながら、おだてられ、歩かされ、ようやく屋台村のような場所に到着した。

現地の人は、巨大な櫛に肉がさしてある焼き鳥の巨大版を食べながら、その棒を無造作に地面にどんどん捨てていく。その捨てたゴミを掃除するおじいさんもいて、ここもバランスが取れていた。ごみは、皆どんどん道に捨てているのを歩きながらよく目撃していた。「そろそろ帰りましょう。」ということで、また歩いてきた気の遠くなる長い道のりを戻って行くのだった。
ホテルに戻り、その後楽しく皆で夕食をした。昨日の中国料理店だが、通訳さんは、日本の一般的に食べる中国料理を頼んでくれたから、安心して食べることができた。

翌日も夕方まで、時間が空いていたので、街の散策に出かけた。昼食に、食堂街があるからそこで食べましょうということになった。店の前や歩道には、椅子やテーブルが無造作に置かれ、そこでおじいさんたちが花札のようなものをしている様子を見て、日本では見慣れない光景で、ゆったりとしたのどかな時間の経過を感じた。ある一軒の食堂に入ってみた。床には箸やゴミが相当量落ちていた。皆食事が終わると無造作に箸を床に捨てていくのだ。さぶと通訳さんが、料理を前に「なんかにおいがおかしい。味もおかしい。」なすの炒め物だったが、店を出た。結局、いつもの中国料理店で軽い昼食をとり、担当者が来るのをホテルで待っていた。

PM5頃、ホテルのラウンジに最初に空港であった人が1人で来た。そして、ホテルのラウンジに座り、その人からホテルの中にある貴金属店が丸見えではないか。「あそこの貴金属の店で社長へのお土産で、金を買ってください。」と言う。ああ!出た!さすがに予感もあったし、聞きなれたフレーズに驚きはしなかったが、そこからがおかしかった。もう代理店さんもさすがにおかしいと思っていたようだ。「金は買わない」と伝えたら、「現金はいくらありますか?」「現金はない」と断れば、急に激怒しだし、「社長に謝ってほしい」という。さぶと私は、ここにいて、代理店さんだけ来てほしいということだった。さぶは「行く必要はない」と強く言っていたが、代理店さんは「行く」という。きっと、最後まで諦めたくなかったのだろう。さぶ自身も「行く」と強く言ったが、中国の人に何度も断られたのだ。手が出る一歩手前の一蝕即発の状況だった。通訳さんに同行を頼んだが、通訳さんは「嫌だ!嫌だ!怖~い。」という。ここで?なぜここだけ乙女?えっ?たまにそういう感じの発言があったような記憶が蘇る。それでもしばらくして、キリッと「僕が同行します」と言って、代理店さんと共に社長に謝りに行くことになった。謝る必要なんて全くないのであるが、常識は通用しない相手だったのだ。

ホテルを出発したのはPM7時前だったが。PM12でもホテルに戻らない。途中何度か代理店さんや通訳さんの携帯に連絡をしていたが通じない。その後、通訳さんから電話がかかってきて「非常に危ない状況ですので、必要があれば警察に連絡します。」と半泣きだった。その後連絡は途絶え、さぶも私も心配でならなかった。AM3近くにようやく2人は無事に戻ってきた。山に連れて行かれ、代理店さんはひどく殴られたと聞いた。そして、そのまま山に置き去りにされ、山を下り2人で歩いて戻ってきたという。通訳さんの必死の仲介でどうにか帰ってこられた状況ということを代理店さんから聞いた。通訳さんは、必死で許してやってくれと何度も何度も頼んだそうだ。私たちに初日のお昼にご馳走した「中国料理の代金を返せ」「ガソリン代も返せ」とも言っていたようだ。通訳さん曰く「本当に危なかったですよ。戻れてよかったです。怖かった~。怖かったよ~。」と叫んでいた。当然のことだ。申し訳なくて、申し訳なくて。危ない目に合わせてしまって、本当に心から詫びる気持ちでいっぱいだった。通訳さんに「ごめんね。」というと「うん。」と言っていた。皆抱き合って泣いていた。悔しさと悲しさと怒りの涙なのだ。

翌日の早朝にホテルはチェックアウトした。さぶは代理店さんの会社の立場や私生活などの現状を聞いていたようだった。心中を察して、絵の代金をさぶの自腹で渡していたようだ。それを見て涙が出てきた。通訳さんは、中国在住なため国内線。私たちは国際線で帰路についた。その後も、通訳さんとは良い関係のままだ。お茶目な人柄は健在だ。

出張の際は、今までも入念な調査を重ねてきた。会社の中には、行く前から「危なくないですか?信用できますか?」と聞いてくるスタッフもいた。今回は行ってはいけなかったのだ。商談だと行ってしまったことが間違いだったのだ。今後は、このようなことがぜったいにあってはいけないと、気を引き締めようと強く思った。

ここまで読んでいただきまして、ありがとうございました。

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました