美的好奇心

釜山の出張の時、夜ホテルでお化粧を落とそうと思い、いつものようにスーツケース中から化粧品が入っているポーチを探したが、化粧品のポーチがない!全て家に忘れてきたことをPM10頃に気づいてしまった。その化粧品のポーチには、メイク落としだけではなく、基礎化粧品、化粧道具一式も全て入っている少し大型のポーチだった。『あんな大きなポーチを忘れるなんて!』OH! My God ! God help me!
とりあえず『どうする?さー!どうする?』明日も早朝から仕事だ。『すっぴんで行っちゃう?待って!待って!嫌すぎる!とりあえず、しっかりして私!』ホテルの前にコンビニがあったはずだから、『お店よ!開いていて!』と願いながら、ホテルの1階ロビーから外に出ると、お店の灯りが見えるではないか!God help me. が通じたのかもと、嬉しさいっぱいだった。お店に到着すると、メイク落としがあった!リップも色の選択しなければ有りだ。ヘアケア製品の旅行サイズはとりあえずいらない。基礎化粧品は?OH! My God ! 有るものだけを購入して、ホテルに戻った。『そうだ!ホテルに聞いてみよう』オプソヨ。ない!明日のことは明日考えるとして、メイクを落とし、お風呂に入って、ボディー用のミルクらしきものが、アメニティにあった。ボディでも使えるんだから、顏にも使えるはず。きっと。ということで、少々においは鼻につくが、有難く使わせてもらった。

昨日の明日の今日が来た。AM6:50頃Kさんに携帯で連絡したら、Kさんの奥様の化粧品を貸してれるというので、ありがたく借りることにした。化粧品を人に貸すことは、快いことではないはずだ。Kさんの奥様は、よく知っているが、優しい人だ。お昼頃仕事の合間を見て、Kさんが化粧品店に連れていってくれたので、必要なものは揃えることができた。Kさんの奥様にも同じものを購入させてもらった。今度Kさんの奥様にあった時は、きっと双子の姉妹だろう。

夜、買い揃えた化粧品を使ってみた。テクスチャーも良く、香りも良かった。この時、はじめて韓国の化粧品を使ったが、もっと前からポーチを忘れるべきだったかもしれないと思うほど、質の良い基礎化粧品たちだった。化粧品を買ったら、シートパックをたくさんくれた。使ってみたら、翌朝の艶感としっとり感が気に入って、それでは、シャンプー&コンディショナーなんかも使ってみようということで、使ってみたらもう病み付きだ。スタイリング用のオイルも使用したら、香りもいいしスタイリングもしやすい。完璧だ。そこから必要なコスメのなくなったものから、順番に移行をしていくことになった。

画像1
画像2

少し前に、テレビのCMで「女の子ってホント楽しい!」というキャッチフレーズがあった。女性というのは、いろいろな美容アイテムがあって毎日が飽きることなく楽しい。美容のカテゴリーは非常に多彩で、スキンケアアイテム、ヘアケア、ボディケア、ネイルに至るまで数え上げたらきりがない。綺麗になれるアイテムは、美的好奇心をくすぐり、何でも試してみたくなる。

私の家は、お隣さんとお向えさんのみで、あとは田んぼと空き地だ。ある日の朝、家の駐車場で隣のおばあさんと顏をあわせ、挨拶を交わした後、「前から1回聞こうと思ってたんだけど、いつもお風呂からすごい、いいにおいがするけど。シャンプーのにおい?」と聞かれた。シャンプーではないことをすぐに気づけた。おばあさんに少し待ってもらって、家からその香りのもとを持って来て、おばあさんに「このにおい?」と、バスエッセンスの蓋をあけて香りを嗅いでもらうと、「あ~。いいにおい。」と香りにうっとりしていたのを見て、「これで良かったら」と使いかけのバスエッセンスを手渡して、使い方を伝えるとすごく喜んでくれた。その日の夕方、おばあさんが庭で栽培している、きゅうりや茄子や瓜などをスーパーの袋いっぱいに笑顔と共にいただいたことがある。バスエッセンスとは、お風呂のお湯に数敵入れると、香水風呂になるというもので、女性はいくつになっても、いい香りが大好きだし、美的好奇心も旺盛なのだ。

私も幾つになっても、美的好奇心を忘れることなく女性を楽しんでいきたいと思います。

ここまで読んでいただきましてありがとうございます。

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました