トレッキングウェア調達

山登りに行きたくなった。もちろん、初めての試みだ。それまで、アクティブという言葉は、私の辞書にはなかったと伝えておきたい。当然、トレッキングシューズはおろか、スニーカーも1足も持っていない。今まで、スニーカーを履く場所へ行くこともなかったのだ。仕事用としては、パンプスやローヒールで、休日もそのどちらかを履いていたし、旅行もパンプスやローヒールを履いていた。よく友人に「パンプスって足が痛くない?」と聞かれることもあったが、習慣によって、パンプスやローヒールは日常的な履物だったことから、私にとっては姿勢も自然とよくなる快適な履物だったのだ。

さあ!トレッキングシューズ・ウェアを買いに行こう!ということで、家から一番近い“スポーツDEPO”に家族で行くことになった。

スポーツ店に以前行ったのは、もう何年も前にスキー用品を買いに行った時くらいの記憶しかない。その他の記憶を遡れば、さぶのゴルフ用品の買い物に付き添いでいった事があるくらいだ。スポーツ店に入っての感想は、“あるある”だ!スポーツだけではなく普通に着ることが出来そうなウェアの数々。しかもセールをしているではないか!スポーツの目的別によりどりみどりで、テニスウェアを見れば、その可愛いそのウェアたちを着て、実際テニスをしたいと思う衝動にかられていたら、すかさずさぶが「違うよ!こっちだよ。」と、私の頭上の怪しい妄想を両手で蚊をたたいく勢いで“パチン”とつぶされたような気がした。

目的のトレッキング専用のコーナーに到着し、“ROXY”というブランドが目についた。娘は「このブランド人気なんだよ。」と。一言だが私にとっては、有益な情報だ。さらにさらに気に入ってしまった。“ROXY”でトータルにコーディネートして、いざ試着!試着室が広いことから、娘も一緒に試着室へ入り、キャッキャッと「可愛いよ~♪」とさぶに見せて「どう?「いいんじゃあないか?」と。すぐに2人ともウェアは決まり、次はシューズだ。

さぶに決まった?と聞けば「まだ!」と。“NIKE”のコーナーを見ていたが、「やっぱり“adidas”がいい」と言いながらもなかなか決まらない。じゃあ先にシューズを見てみようということで、シューズは足に合わないといけない。ということで、いろいろ試着してみた結果、足が守られる感じと柔らかさはあるのに、しっかりしていてその履き心地は神の“Columbia”に決定した。娘も試着しながら決めていた。

ところがさぶはなかなか決まらない。機能的にも優れた商品はお値段はお高いのだ。さぶは、いつも値段とよく相談を重ねる。要はお値段が安価で質をより良い物を探すことだ。なかなかその条件に合う商品というものは実際少ない。結局、機能性を捨てた。いつものことだが、私や娘も「じゃあ私たちも、安いのにする。」と率直に言えば、「足にあったのを選ばないと、足が痛くなるよ!好きなものを選べばいいんだよ。」と。心の底からそのように思っているのだ。

実はさぶは、自分の物をなかなか買わない。たまにほんとにたまに、自分の必要な物を買うときも、安価なものをチョイスして、「やっぱりだめだなぁ。」というつぶやきを耳にするが、さぶ自身それでも満足のようだ。自分は何もいらないから、私や娘が好きなものを買う方がうれしいという。これは、本音のようだ。「体はひとつだから、そんなにたくさん服があっても着れない。」という。それでは私や娘は、体がたくさんあって、いったい幾つ体があるのだろう?とクローゼットを見ながら笑ってしまう。

海外旅行に行っても食べ物以外、何ひとつ自分の物は買わない。私と娘が、「さぶ。この帽子かっこいいいよ!」と言っても決して買わない。買わないことを美徳としているかのようなさぶ。それもさぶなのだ。そのようなさぶだから、誕生日プレゼントなどの名目を大いに活用し、“チャンス”とばかりに、娘と相談しながら大量に服や靴など、トータルコーディネイトをプレゼントしている。“押し売り”ではなく私の場合はせっせと“押し与え”をしているのだ。だから、さぶ自身買わない人にしては、おしゃれなんだなぁ~。

結局セールを利用して、必要な物をすべて購入して、“いざ!登山“というのりで、大きなDEPOの買い物袋を手に持ち家に帰宅した。

スポーツ用品店は、いろいろなカテゴリー別のウェアがカラフルに勢揃いをしていることから、その可愛いウェアを着て、あのスポーツやこのスポーツと幅を広げられそうな予感はするが、果たして続けてできるのだろうかと少々疑問は残るが。まず今回の目的は山登りだ!トレッキング用品は揃った!あとは登山の日を待つばかりだ。

ここまで、読んでくださってありがとうございます。

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました